外資系企業への転職!進め方〜面接対策・おすすめエージェント

Sponsored Link
こんな人におすすめ
  • 外資系企業への転職を希望していて、転職活動の進め方を知りたい人
  • 転職を検討していて、外資系企業も転職先の選択肢として考えてみたい人
  • 面接対策を効率的に行う方法を知りたい人

今回の記事では、外資系企業への転職活動の進め方について解説します。

そもそも外資系企業って日本の企業と何が違うの?英語が話せないと転職できないの?など、知っているようで実はあまり知らない外資系企業の特徴についても、実際に僕が外資系企業で働いた経験も踏まえ簡単に解説しながら、実際の転職活動の進め方についてもお伝えしていきます。

日系企業への転職活動と少し異なるステップもあったりするので、これから外資系企業への転職を検討されている方にぜひ参考にしていただければと思います。

外資系企業の特徴

そもそも外資系企業とは、外国に本拠地がある企業や外国人が一定以上出資をしている企業のことです。一定以上といっても明確な定義はないようなので、「本社が外国にある企業」というくらいのイメージでよいと思います。一般的には、本拠地が外国にありながら日本にも事業展開をしているほどの資本と、知名度・事業力などを持ち合わせている企業であることが多いです。

外資系で働くメリット

では外資系企業で働くメリットはどのようなものがあるのでしょうか?すなわち日系企業で働くこととの違いについてです。

一般的な「外資」のイメージでは、英語力は必須で給料が高いが評価は厳しく、成果を出せない場合はクビになることもザラ、などというイメージを持っている方もいると思います。たしかに日系企業とは違うところも多くあるので、いくつか一般的なメリットについてお伝えします。

グローバルな環境で働くことができる

これはとてもイメージしやすいかと思いますが、外資系企業というだけあって本拠地はもちろん外国、そして海外拠点として日本だけにブランチを出している企業は稀で、基本的には日本以外のアジア圏にもブランチがあり、またヨーロッパやアメリカにも複数拠点があるのが一般的だと思います。

このような多国籍な人が集まる会社で、各国の人たちとリアルタイムに会議をしたり、一箇所に集まりキックオフパーティやワークショップなどを行ったりと、日本人以外の人と働いたりコミュニケーションをとる環境があるのが外資系企業の大きな特徴だと思います。もちろんこれには好き嫌いがあると思いますが、日本人以外の人との関わりを持ちたい人にとってはとても重要な要素になると思います。

とは言っても、どれだけグローバルな環境になるかというのは企業やポジションによっても異なります。一般的にはいわゆるバックオフィスや企画系の職種の方が海外拠点とのやりとりが多く、セールス系ではそこまで多くないというのが実情かと思いますので、どれくらい海外拠点との関わりがあるかについては、企業研究や面接を通じて確認することが大切です。

専門性を高めることができる

これも日系企業との違いですが、外資系企業では基本的にはスペシャリストを育成していく考え方が主流と言われています。日系企業のように新卒一括採用を行い、人事部の評価・判断により様々な部署に配属され、数年単位でジョブローテーションが行われ、結果としてゼネラリストが育成されるということは外資系企業では一般的ではありません。

そもそも外資系企業では新卒一括採用を行っておらず、入社の段階で例えばファイナンス職など自分の専門領域で採用され、スペシャリストとして育成されます。職種変更は自分で希望すればすることは可能ですが、自分から望まない限りは基本的に自身の専門性を磨き続けることが可能です。

こちらも好みの問題ではありますが、「まずは色々な部署を経験して、自分がどこで専門性を磨くのがいいのかをじっくり考えたい」という人にはあまり向かないかもしれません。

また、このようにスペシャリストの育成が推進されているという背景もあってか、部署ごとの職務分掌が日系企業に比べると明確なため、他の部署に仕事を依頼しても「これはうちの部署の仕事ではない」と割とドライに返されてしまうということもあるようです。

良くも悪くも、外資系企業では自分の役割が明確になっているので、それ以外の仕事は行わないという風土がある場合もあります。みんなで和気藹々と助け合って仕事をしたい人にはあまりいい環境ではないかもしれません。

ワークライフバランス・ダイバーシティが進んでいる

外資系企業と聞くと、なんとなく激務で残業が当たり前というイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、日系企業と比較するとワークライフバランスが取りやすい企業が外資系の方が多いというのが個人的な印象です。

近年では日系企業でもいわゆるブラック企業が問題となり、残業抑制や休暇取得奨励などワークライフバランスをとりやすくする動きが進んできていますが、外資系企業ではそれらを先んじて推進してきた背景があると思います。

また、日系企業ではまだまだ「長く働くと評価される」という空気がなんとなく存在していると思いますが、外資系企業ではむしろ残業する人は計画的に仕事ができない人という評価にもつながるため、なるべく効率的に仕事を進めて行くのが一般的です。

また、ダイバーシティの考え方も日系企業の先を行っているのも外資系企業の特徴だと思います。女性の管理職比率や産休・育休制度、セクハラやLGBTなど、性別や人種の違いにより発生していた不利な状況を徹底的に排除していくという考え方がより強まっています。このようなフラット環境で働いてみたいという方にとっては外資系企業はフィットするのだと思います。

外資系は給料が高いか?

一般的に、外資系企業の方が日系企業より給料が高いというイメージがあると思いますが、実際のところはどうでしょうか?

ある調査結果では、外資系企業に勤務する人の平均年収は800万円といわれています。これだけを見ると日本人平均の2倍くらい給料がいいということになりますが、いくつか注意が必要です。

退職金はほとんどない

日系企業では終身雇用が前提とされていた制度がまだ残っているケースもあり、一般的には退職金がそれなりの金額でもらえたりしますが、外資系企業ではそもそも一つの会社に生涯尽くすというマインドがないため、退職金制度もあまり充実していないことが多いです。その代わりに給料を高く設定しているということでしょう。

外資系企業への転職を考える場合は、額面上の給与だけではなく将来的な退職金についても検討した上で意思決定することが重要です。

成果主義がベース

日系企業では、未だに年功序列的に勤務年数に従い給与が上がって行くという仕組みが運用されている企業も多いですが、外資系企業の多くは成果主義を採用しています。日系企業ではある程度の経験があれば仕事のパフォーマンスに関わらずそれなりの給与をもらえますが、外資系の場合は与えられたミッションに対する成果によって給与が決まっています。

給与が高いということはそのミッションがそれに比例して達成難易度が高いということですので、単純に「給料がいいから外資がいい」というのは早計で、成果を出し続けなければ給与水準を維持できないというリスクも考えるべきでしょう。

英語力はどれくらい必要か?

外資系企業への転職を検討する際に一番気になるのはやはり「英語力はどれくらい求められるのか?」ということではないでしょうか。一般的なイメージとして、外資系ではビジネス英語力が必須と考えられていると思います。

これについて、結論としては「企業や職種・ポジションによる」というものだと思います。このように言ってしまうと当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが、必ずしも入社段階でハイレベルな英語力がなくても外資系企業への転職チャンスはあると思ってOKだと思います。

ただしもちろん入社段階でバイリンガル級の英語力を求められることも当然あります。特に海外の部署とやりとりすることが多い職種では、募集要項に明確に英語力についての記載があります。

また、外資系企業に入社できた場合、その後の社内のプロモーションにおいて英語力が求められてくるケースも多いようです。役職が上がれば上がるほど海外本社とのやりとりが発生する機会が増えるので、英語力が求められてくるということです。

ですので、入社段階では必ずしもハイレベルな英語力が求められるというわけではありませんが、入社後のことも考えると外資系企業に入社する以上英語力を高める必要があると思った方がよいでしょう。

ちなみに外資系企業の中には、従業員の英語力を伸ばすためのトレーニングが用意されていたりするので、入社後の英語学習のチャンスは日系企業より充実しているケースもあります。

外資系企業への転職活動のステップ

では外資系企業への転職活動はどのように進めて行くのがよいかについてステップごとに解説します。

英文レジュメの作成

外資系企業への転職活動において必須となるのが英文レジュメ(職務経歴書)の作成です。

転職希望者
日本語で職務経歴書を書くだけでも大変なのに、英語も必要なのか・・・

と英文レジュメ作成の時点で心が折れて外資系への転職を断念してしまう人もいると思います(笑)

が、これは必須のステップなので頑張りましょう。英語が苦手な方でもなるべく簡単に作成できる方法をお伝えします。 大きな流れとしては以下の通り、

  1. 日本語で職務経歴書を作成する
  2. 日本語の経歴書を英文に翻訳する
  3. 英文レジュメのレンプレートに記入する
  4. 英語が得意な人に添削を依頼する

というものです。僕も英語は得意な方ではないですが、これを実行したことで外国人エージェントからもお墨付きをもらえるレジュメが作成できましたし、実際の選考においても大手外資IT企業数社の書類選考を通過したので参考にしてみてください。

日本語で職務経歴を作成する

まず「❶日本語で職務経歴書を作成する」について、これはこの通り日本語で経歴書を作成します。転職活動をすでに始めている方なら作成済みだと思いますので、その場合は❷に進みましょう。

職務経歴書の書き方については色々なサイトで解説がされているのでここでは詳細を割愛します。

日本語の経歴書を英文に翻訳する

次に「❷日本語の経歴書を英文に翻訳する」です。英語が苦手な方にとってはこのステップが最も苦労するポイントだと思います。僕も実際にやってみてそうでした。

ただテクノロジーが発達した現代においてはとても便利な翻訳ツールが様々あるので、それらを駆使してなるべく効率的に進めてしまいましょう。

数ある翻訳ツールで僕が圧倒的におすすめするのはDeepLです。翻訳ツールとして真っ先に思い浮かべるのはGoogle翻訳だと思いますが、Googleで翻訳すると日本語の微妙なニュアンスが自然な英語に翻訳されきらず、結果不自然な英文レジュメになってしまいます。

DeepLでは、Google翻訳と比較するとかなり自然な英語に翻訳してくれるので大変重宝しています。試しに、何かの英文を日本語に翻訳してみると、翻訳結果として出てくる日本語の自然さがGoogleと比較すると歴然なのでやってみると、DeepLの精度の良さがわかると思います。

英文レジュメのテンプレに記入する

日本語の経歴書を英文に翻訳できたら、次は「❸英文レジュメのテンプレートに記入する」です。英文レジュメのテンプレートについても様々なサイトで公開されているのでここでは割愛しますが、ポイントとしてはなるべくA4用紙1枚ですっきりまとめるようにしましょう。

「英文レジュメ テンプレート」などでググるとたくさん出てくると思います。

英語が得意な人に添削を依頼する

最後に「❹英語が得意な人に添削を依頼する」です。これはわかりやすいと思いますが、これまで❶〜❸までで作成した英文レジュメの下書きを、英語が得意な人にチェックしてもらうというステップです。

転職希望者
英語が得意な人が周りにいない場合はどうすれば・・・

という人もいるかと思います、実際に僕もそうでした。

周りに英語が得意な人がいない場合は、ココナラなどで外部の人に添削依頼をする方法がいいでしょう。実際に僕も外部の人に添削してもらいました。

2,000~3,000円ほどで添削を依頼することができるので、より手軽にレジュメの完成度を高めるためだと考えればコスパはいいと思います。

ちなみに、ココナラ経由ではレジュメの作成をゼロから依頼することも可能です。その場合、15,000円前後が相場だと思うので、金額感が見合う方はその方法もありだと思います。

>>ココナラで英文添削を依頼してみる “" 

また、転職エージェントの中には英文レジュメのネイティブチェックを行ってくれる会社もあります。転職エージェントからのお墨付きをもらえるとより安心感が増しますよね。外資系転職が得意なおすすめエージェントについては後ほど紹介します。

求人を検索する

英文レジュメが完成したら、次は実際に求人を探してみましょう。おすすめの求人の探し方としては大きく3つあります。

  1. 転職エージェントに依頼する
  2. Linkedinを利用する
  3. 企業のホームページで検索する

それぞれ解説していきます。

転職エージェントに依頼する

まずはエージェントの利用についてです。これは日系企業同様に転職エージェントを利用することでより効率的・効果的に転職活動を進めることができるのでオススメです。

ただ、外資系が得意なエージェントは限られていたりするので、日系企業の転職活動で利用しているエージェントとは分けることをおすすめします。

外資系が得意なエージェントを選んだ方が、当然求人情報の量が圧倒的に多いですし、その企業やポジションに対する理解が深いため、より質の高いアドバイスをもらうことができます。

また先ほど説明したように、外資系が得意なエージェントは英文レジュメのチェックを行ってくれるなど、サポート体制も充実しているので、外資転職用のエージェントとコンタクトを取ることを強くおすすめします。

僕が実際に利用しておすすめするエージェントを記載しておきます。これから外資系企業への転職活動を始める方は参考にしてみてください。

Linkedinを活用する

次にLinkedin(リンクトイン)の活用についてです。

日本ではまだまだ活用がされていない印象ですが、LinkedinはビジネスSNSでビジネス特化型Facebookのようなイメージです。自分のプロフィール・職務経歴を入力しておくと、それを見たヘッドハンターや企業の採用担当者からメッセージが来てやりとりすることができます。

僕も実際に何人ものヘッドハンターとコンタクトを取りましたし、大手外資IT企業のリクルーターから直接面接オファーをもらうこともありました。

また、Linkedinには企業からの求人広告が掲載されています。自分で条件を設定しておくと、条件に合致する求人がアップされるたびにメールやアラートがあがるようになるので、常に最新の求人情報をチェックすることが可能です。

またLinkedinの特徴として、Linkedinを活用している企業はグローバル企業が多いという点です。求人広告が掲載されているのは外資系の大手企業ばかりなので、どのような求人がアップされているかを見るだけでもとても参考になったりします。

このようにLinkedinを活用することで外資系企業への転職機会が格段に増えるので、登録しておくことを強くおすすめします。

自分で企業のホームページを検索する

最後に、エージェントもLinkedinも使わずに自分で企業のホームページに直接行く方法です。

これはなぜかというと、実は外資系企業の中にはエージェントにもLinkedinにも求人をオープンにせず、自社のホームページでのみ採用をしている企業もあるからです。

例えばGoogleやApple、Facebookなどはエージェントには求人を出していなかったりするので、エージェント依頼するだけでは知りたい情報を知れなかったりするのです。

なので、もしご自身で気になる企業がある場合は、エージェントやLinkedinも活用しつつ、直接企業のホームページの採用サイトもチェックすることをおすすめします。そこでしかオープンになっていない求人があるケースもあるので、見逃すことがないようにしたいですね。

企業研究を進める

求人を検索し気になる企業が出て来たら、その企業の研究を進めましょう。これは日系企業の転職活動と同様です。

企業研究としておすすめなのが、以下のサイトです。

Open Work転職会議Glassdoorは企業の口コミ検索サイトです。どのサイトもその企業で実際に働いている/働いたことがある人の口コミを閲覧することができるので、企業のホームページからだけでは得られない貴重な情報を得ることができるのでおすすめです。

ちなみにGlassdoorは日本でのサービスはこれからですが、英語サイトであれば閲覧が可能です。こちらもOpen Workや転職会議同様のサイトなので、外資系企業の口コミを閲覧することができます。

また、この中で特におすすめなのがCREEDO(クリード)です。

CREEDOは社会人向けのOB訪問サービスで、気になる企業で働いている/働いたことのある人とビデオ面談やチャットをすることができるというものです。実際の経験者から生の情報をヒアリングできるサービスなのでとても重宝しています。外資系企業の経験者も多数いるので、気になる会社の情報をゲットできるかと思います。

CREEDOについてはこちらでまとめていますので参考までに。

>>CREEDOに無料登録する

 

これから面接準備を始める方にとって、とても効率的かつ効果的な対策方法を紹介します。

面接の準備をする

次に面接の準備についてです。ここでは面接対策としてSTARメソッドについて紹介します。

STAR(スター)メソッドとは、面接の際に用いられるフレームのことで、GoogleやAmazonの面接でも採用されていることで知られています。

STARは、Situation(候補者が置かれていた状況)、Task(その時の課題、目標)、Action(Taskに対してどのように行動をとったか)、Result(Actionの結果どうなったか)の頭文字をとって名付けられたものです。

元々は、面接官がこのSTARに沿って候補者に質問を投げかけることで、その候補者の適正をより正確にジャッジすることができることから、GoogleやAmazonなどの企業の面接手法として導入されていたものですが、

逆に言えば、候補者自身がこのSTARメソッドに基づいて自身のエピソードを語れるようになっていれば、より的確に自分自身の強みを面接官に伝えることができ、結果として面接合格の確率を上げることができると思います。

特に、外資系企業でこのメソッドが採用されているケースが多いので、外資系企業の面接準備が必要な方にはおすすめです。

実際に、Amazonの採用ページには、明確に「スターの回答案」ということが記載されています。

では具体的にどのようにSTARメソッドを使うのがよいか、事例を交えながら解説します。

Situation(状況)

まずはあなたが面接官に語るエピソードについて、その時の状況をわかりやすく伝えましょう。

特に整理しておくべきポイントは例えば以下の点です。

・自分の役割

・チーム構成(何人のチームだったか)

・チームのミッション

・担当している商品・業界について など

実際に面接官に語る場合、このような内容になるでしょう。

Me
私は、経営企画担当として、教育情報メディアを統括していました。CFO直下の組織で、マネージャー以下8人、私は5人のチームメンバーを持つチームリーダーでした。

教育メディアの事業計画を策定し、計画達成のためのモニタリングをすることが私のチームのミッションでした。

その中で、売上原価が計画より増えてしまい、利益達成見通しが立たなくなってしまった場面があり、そこで私は売上原価削減プロジェクトのプロジェクトマネジャーとしてアサインされることになりました。

このようには、まずは自分が置かれていた状況を整理して面接官に話し、面接官との共通認識を作った上で続きのエピソードについて語るようにしましょう。

ここでしっかりと共通認識を持っておくことで、最終的にあなたが成し遂げた成果にについてより的確な評価・印象を面接官に与えることができるからです。

Task(課題・目標)

次にTaskについてです。

ここでは、そのエピソードにおけるあなたが解決すべき課題、達成すべき目標について明確に述べるようにしましょう。

例えば、

・数値目標はどれくらいだったか

・課題解決のボトルネックはなんだったのか

・目標達成のために必要だったこと

についてしっかりと整理しておきましょう。

実際の面接では、

Me
売上原価削減プロジェクトでは、売上原価を15%削減することがゴールでした。

そのゴールを達成するために、まずは売上原価が増加してしまっている原因を究明することが必要だったため、私がデータ分析や現場担当者へのヒアリングを行いました。

すると、各現場担当者に数値目標が設定されておらず、コスト削減をするインセンティブがないことが、原価増加の原因だということが判明しました。

このように、ゴールが何か・課題が何かということをしっかりと整理して面接官に伝えるようにしましょう。

Action(行動)

次にActionについてです。これはイメージしやすいと思いますが、これまで整理したSituation・Taskに対してあなたがどのような行動をとったのかということです。

ここで注意すべきポイントは、ここでの行動はチームのものではなく、あくまでも「あなた」自身がどのような行動を取ったのかということにフォーカスしましょう。

ポイントとしては、

・具体的にどのようなステップを踏んで行動したか

・どんな貢献をしたか

・定量的に表せるものは数字で示す など

です。

実際の面接では、

Me
まずは事業責任者に状況を説明し、問題解決のためのプロジェクト発足の必要性を訴えプロジェクトを発足させ、自らプロジェクトマネジャーに名乗り出て7人のメンバーを取りまとめました。

その後、データ分析やヒアリングから得た課題解決方法について、関連部署の責任者と調整をつけながら段取りを設計し、実行に移すことになりました。

という感じで語ることになります。

Result(結果)

最後に、Resultについてです。これもわかりやすく、これまでのSituation〜Actionを経てどのような成果を上げることができたのかということを整理しましょう。

ポイントは、

・何を達成したか

・そこから自分が何を学んだか

・定量的に表せるものは数字で示す など

についてフォーカスすることです。

ここでは、しっかりと自分の手柄としてResultを語るようにしましょう。中には自分の手柄として語ることが苦手で、少し控えめに表現してしまう人もいるかもしれませんが、面接においては自信を持って語ることが大切です。

みなさんは何度かは面接準備をした経験があるかと思いますが、闇雲にエピソードを準備するのではなく、STARメソッドを使って準備を行うことによってより効率的かつ効果的な準備をすることができるのではないでしょうか?

また、STARメソッドを使っていくつかのエピソードを用意しておくことをおすすめします。企業によっては3〜5くらいのエピソードを聞かれたりすることもあるので、ご自身のキャリアを棚卸しながら、STARに当てはめて整理していくのがよいでしょう。

転職エージェントに相談するのもOK

自分1人では中々うまくエピソードの整理ができない、うまくできているか自信がないという方は、転職エージェントに相談するのもおすすめです。ご自身のエピソードをエージェントに伝えてみて、プロの意見を聞いてみるのもよいでしょう。

外資系に強いおすすめエージェントを再掲します。

まとめ

外資系企業は日系企業とは異なる特徴が多くあります。どちらが良い/悪いというものではなく、ご自身にとってどちらが合っているかということが重要です。

もし外資系企業にチャレンジする場合には、日系企業の転職活動とステップが異なる部分があるのでこの記事を参考にしていただけたら嬉しいです。

あなたの転職活動が成功することを心から祈っています!最後までありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です