30代の転職| タイムマシン戦略

Sponsored Link
こんな人におすすめ
  • 30代になり仕事には慣れてきたがもう一段キャリアアップをしたい
  • 40代に向けてキャリア戦略を考え直したい
– 実際に使って選んだおすすめエージェント –

1位 リクルートエージェント

2位 JAC Recruitment

3位 dodaエージェントサービス

その他おすすめ転職サイト・エージェントについてはこちらの記事に詳細まとめています。

Me
はじめに、簡単に自己紹介をします。

・年齢:30代半ば

・学歴:早慶文系

・職歴:外資MR→コンサル→メガベンチャー経営企画

・現職:広告系メガベンチャーの経営企画として事業計画策定やP/L管理など

という筆者です。転職を2回経験し年収30%UPを実現しました。

今回は30代の転職についてです!

30代はビジネスマンとしてまさに脂がのり始める年代。

社会人になってから10年ほどが経ち、会社にも慣れ人脈も広がり、部下を持ってチームを率いている人も多いでしょう。

スキルや経験もつき、専門性の高まるにつれ自分で判断できる裁量もだんだんと大きくなり、仕事へのやりがいがも大きくなっている年代だと思います。

一方で、未来についての悩みも大きくなってくるのも30代の特徴です。

30代ビジネスマン
今の仕事に満足していないわけじゃないけど、

もっとチャレンジングで年収をUPできる仕事はないかな?

と考えている人も少なくないと思います。

そこでこの記事では、30代ビジネスマンの転職戦略の考え方について考えていきたいと思います。

20代と30代の違い

30代になると、20代の頃とはビジネスマンとして求められることが変化します。

20代の頃は、若さというポテンシャルを活かし様々な仕事にチャレンジしながら成果を上げ、自分自身どの領域で専門性を高めていくのかを模索しながらキャリアを積んでいくというスタイルの方も多いと思います。

一方、30代になると、20代で得たスキル・経験を元に専門性を高め、チームをマネジメントしながら組織としての成果を上げていくということが求められるようになってきます。

20代30代
スキル幅広くスキル習得、ポテンシャル専門スキル・経験
成果個人としての成果チームとしての成果
ポジンションプレーヤーマネジャー

 

 

 

この20代から30代での変化に、よりやりがいを感じる人もいれば、

そうではなく「もっと自分個人としての専門性を磨きたい」「今の会社という組織ではなく、もっと自分のスキルを活かせる場所で力を発揮したい」と考え始める人もでてきます。僕も後者でした。

30代転職のポイント

このように30代ではこれまで培ったスキル・経験により、専門性が高まっていることが転職活動をする上で武器になります。

比較として、20代の転職では若さを武器にいわゆる「ポテンシャル採用」という形で未経験の職種や業界にも積極的にチャレンジすることができました。

もちろん、30代でも「ポテンシャル採用」がないわけではないのですが、20代の頃と比べると格段にハードルが上がりますし、多くの場合年収が下がることになるのでそのリスクが付きまとってしまいます。

では、30代の転職活動において自分の武器をどう活かすのがいいのでしょうか。

自分の武器を活かす一つの戦略として「タイムマシン戦略」という考え方を紹介します。

タイムマシン戦略

転職活動における「タイムマシン戦略」とは、僕が勝手に唱えているものですが、

ベースとなる考え方は、ソフトバンク創業者の孫正義さんが命名したと言われる「タイムマシン経営(以下参照)」です。

「タイムマシン経営」とは、海外で成功したビジネスモデルやサービスを日本でいち早く展開する経営手法のこと。まるでタイムマシンに乗って未来からやってきたかのようにビジネスを展開し、成功へ導くことができるという例え。

つまり、海外などですでに成功しているものを、それがまだ採用されていない日本で行うことにより、日本国内では最先端となり成功の確率が上がるという考え方です。

これを転職活動に置き換えると、今自分自身が持っているスキル・経験を、まだ採用されていない会社で活かすことで、その会社において自分自身が最先端の活躍人材となり評価される、というものです。

この「タイムマシン戦略」を実行するためには、大きく2つの考え方があると思います。

仮に、中堅規模の電機メーカーで営業マンとして働いているAさんをケーススタディとして考えて見ましょう。

①業界を変える

まず1つめは「業界を変える」という考え方です。

つまりAさんのケースでいくと、営業という職種は変えずに、例えば製薬業界などこれまでとは異なる業界へ転職するというものです。

これは、ある業界では当たり前に行われていることが、別の業界だと全く行われていないということが実際にあるため、タイムマシン戦略が成立すると僕は考えています。

例えば実例をあげると、製薬メーカーではどの会社も「科学的な営業アプローチ」を導入していたりします。

営業マンの営業プロセスを分解し、各プロセスにおける効果的なトークスクリプトが用意されていたり、顧客を属性に分類し、顧客属性ごとの効果的なアプローチなども体系化されていたりしました。

しかし、別の業界に転職し営業現場を経験しましたが、その会社では製薬業界のような「科学的な営業アプローチ」は導入されておらず、各現場ごとに代々伝わる「知恵袋」的なものが引き継がれているだけでした。(ちなみにそこそこの大企業の事例です)

このような状況で、前職で経験して自分にとっては当たり前の「科学的営業アプローチ」の提案をするだけで、「そんなやり方があるのか!」と周囲に驚かれ、結果として評価されるということがありました。

このように、職種や会社規模は変えずに業界を変えることで、タイムマシン戦略を実行できるケースもあります。

②会社の規模を変える

次に「会社の規模を変える」という考え方です。

Aさんのケースでいくと、例えば現在の中堅規模のIT企業より規模の小さいスタートアップや小規模ベンチャーなどに転職するというものです。

一般的には、規模の大きい会社の方がITツールなどのインフラや、評価制度、研修、業績管理オペレーションなどあらゆる面で仕組みが整備されています。

スタートアップや小規模ベンチャーに転職した場合、それまでAさんが前の会社で行なっていた当たり前のことが、転職先ではまだ整備されていないため、前の会社の経験を生かして仕組みを変えられるチャンスがあるのです。

このように、会社の規模を変えることで「タイムマシン戦略」を実行できる可能性があります。

まずは自分の武器を認識する

このようなタイムマシン戦略を実行するために、まずは自分自身のキャリアを棚卸し、自分の「武器」が何なのかを分析、認識する必要があります。

その上で、その武器が活かせる業界や企業の規模がどこなのかを調査分析し、戦略を立てましょう。

この作業を一人でやりきるのはなかなか難しいと思うので、転職エージェントに相談するのもおすすめです。特に、自分の武器を活かせる業界・企業がどこなのかということについては、エージェントとよくすり合わせをするとよいでしょう。

他おすすめエージェントについてはこちらの記事にまとめていますので参考になれば幸いです。

 

いかがでしょうか?30代はキャリア人生で悩み多き年代だと思うので、まずはしっかりと自分自身のキャリアを棚卸ししたうえで戦略を立てていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です