離婚しないために!結婚する前にパートナーと話し合うべき7つのこと

Sponsored Link

夫婦の3組に1組が離婚する?

「ここ最近離婚率が上がっている」「夫婦の3組に1組は離婚している」「離婚率は30%だ」

こんな話題をテレビやネットで見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

僕も見たことがありますし、周りを見渡して見ても「だいたい3組に1組くらいは離婚しているかも」という実感値もあるので、なんとなく信憑性があるのですが、

実は正確に「夫婦がどれくらいの割合で離婚するのか」というのはわかっていないのが現状のようです。

年間の婚姻件数に対する離婚件数の割合が35%くらいなので、それだけを見ると「3組に1組が離婚している」という表現もできなくはないですが、本当の意味での離婚率というのは正確なデータがないようです。

ちなみに、人口に対する離婚件数を見ると、長期的には低下傾向にあるようなので、「離婚率が上がっている」というのも正確なデータではなさそうです。

「3組に1組が離婚」「離婚率が上がっている」というのは正確なデータではないとしても、いざ自分のこととなると、自分が離婚することにならないかは不安ですよね。

この記事では、僕が実際に離婚してみて気づいた、結婚する前にカップルで

話し合うべき7つのことを紹介します。

ちなみに僕の離婚経験については以下のnoteで書いていますので、よかったら見てみてください。これから結婚しようと考えている方、離婚を考え始めた方に是非読んでいただきたいです。

 

 

結婚する前にカップルで話し合うべき7つのこと

離婚せずいつまでもパートナーと仲良しでいるために、結婚前にカップルで以下7つのことは最低限話し合っておくことをオススメします。

1. 住みたい場所

これは当然のように思えますが、大切なことです。

今は2人とも同じ場所、例えば東京に住んでいるけど、出身地はバラバラ。

将来的に子育てや老後生活を送るにあたって、どこで生活をしたいのかをしっかりとすり合わせておくことが大切だと思います。

具体的な場所ではなくても、「自然豊かなところがいい」「雪が降らないところがいい」などの条件でもいいと思います。

コロナ禍の影響もあり、リモートワークなどより柔軟に働く場所を選べる可能性が高まっている今だからこそ、どんな場所で生活を送りたいのかを話し合うことは、その後の良好な夫婦関係にとても大切なことだと思います。

2. 異性との距離感

「どこからが浮気か?」なんて中高生の会話みたいで、今さら話し合わなくても大丈夫、と思っている人もいると思います。

ですが、異性との関係・距離感は夫婦関係に亀裂が生じる大きなきっかけになりかねないので、結婚する前にしっかりと話し合うことが大切だと思います。

自分は相手にこれをされたら嫌だ、ということは多少言いづらいかもしれませんが、今後長い時間を一緒に過ごすにあたり、よりお互いハッピーでいるために、しっかりと向き合うことをおすすめします。

 

3. お互いの優先順位

仕事、友人、趣味、子供など、人生にはパートナーとの時間以外にも多くのことがあります。その中で、お互いの優先順位をどう考えるのかというのは、長い結婚生活を送るにあたり大切なことだと思います。

「パートナーにとっての、自分の優先順位が下がってきているかもしれない」と感じると、とても不安ですし、その状態で結婚生活を送るのはなかなか辛いですよね。

そうなる前に、お互いの優先順位の考え方を話し合い、理解しあっておけばそのような不安を感じることも少なくなるはずです。

 

4. お互いの親との距離感

結婚は、夫婦だけのものではなく、お互いの親や家族にとっても大きなイベントだと思います。できれば、お互いの家族をも大切にし合えるのがよいのでしょうが、家族とは疎遠だという人もいるでしょうし、将来的には親の介護をしなくてはならないという人もいると思います。

自分にとって現在、親とはどのような関係性で、将来はどのようになりそうで、それに対してパートナーにはどうあって欲しいかをしっかりと話し合っておくことが大切だと思います。

 

5. どんな家庭を築きたいか

夫婦として何を大切な価値観として、どんな家庭を築きたいか。少し抽象的なテーマかもしれませんが、これも結婚する前にしっかりと話し合っておくことが大切だと思います。

結婚する前の今は、「そんなこと話し合わなくても私たちは大丈夫!」と思うかもしれません。

たしかに結婚前のラブラブな期間は、多少のことは「好き」という感情でカバーできると思いますが、一緒にいる時間が長くなるにつれ一般的には「好き」という感情は低下します。いわゆる「ラブラブ」な期間は出会いから3年で終わってしまうとの研究データもあるようです。

今はラブラブでも、必ずしもそれが続くわけではないという前提に立って、ラブラブな今だからこそ、大切にしたい価値観を共有し合うことが重要だと思います。

 

6. 子供はいつまでに何人欲しいか

子供が欲しいか、ということも夫婦にとってはとても重要なテーマだと思います。子供が欲しい場合でも、今すぐではない、ということもあるでしょうし、いつまでには欲しい、ということもあると思います。

なんとなく「いつかは子供が欲しいよね」ということでもいいと思いますが、もしあなたの中に理想の時期、人数などがあればしっかりと話し合いをし、夫婦としての人生設計をすることをおすすめします。

 

7. 月々いくら貯蓄・資産運用をするか

お金の話も夫婦の人生設計にあたりとても重要なことだと思います。

「2人で●●円貯金しよう!」くらいは話し合うカップルもいるかと思いますが、将来的にいくら必要で、そのためにはいくらを貯蓄し、いくらを資産運用しなければならないのか、ということも含めて会話しているカップルは少ないのではないでしょうか。(僕もここまでは話していませんでした)

お金の話を真面目にする機会は、あえて作らないとなかなかないと思うので、しっかりと時間をとって話し合いすることをおすすめします。

いかがでしたでしょうか?当たり前のことかもしれませんが、意外と「私たちは大丈夫!」と思って話し合いをしていなかったりしませんか?

繰り返しになりますが、これら7つのことを「ラブラブな」今だからこそ話し合っておくことが大切です。結婚後数年経ってラブラブではなくなっている時にはもうここまで話し合えなかったりします。

そうならないためにも、結婚前にしっかりと話し合いをしておきましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です