性格の不一致で離婚できるか?

Sponsored Link

性格の不一致が動機の離婚は多数派

相手のDVや浮気など、第三者からみて決定的な理由はないが離婚を考えているケースは多いようです。いわゆる性格・価値観の不一致によるということです。

裁判所が行なっている司法統計によると、離婚調停を起こす動機として、妻・夫ともに「性格が合わない」が最も多く、データからも性格の不一致による離婚が多いことがわかります。(下図)

結婚当時はこの人ならばうまくいくと思っていたものの、共に時間を過ごす中で価値観がずれていってしまうということは、悲しいですがどの夫婦に起こってもおかしくありません。

かくいう私も性格・価値観の不一致を理由とした離婚を経験しています。

このように、離婚を考える動機としてはよくある「性格の不一致」ですが、この理由で離婚をすることはできるのでしょうか?

性格の不一致は法的な離婚原因にあたるか

結論からいうと、「性格の不一致」による離婚は、パートナーが離婚に同意しないケースではかなり難しいようです。

かなり難しいというのは、裁判で争ったとしても、「性格の不一致」のみが原因である場合、離婚判決となる可能性が低いということです。

法的な離婚原因とは

離婚の検討・話し合いを進めるにあたり、「離婚原因」について知っておく必要があります。離婚原因とは、裁判などにおいて離婚が認められ得る要件のことです。

夫婦のどちらか一方が離婚を拒否している場合、話し合い(協議)での解決はできないため、離婚裁判を起こして裁判所に離婚を認めてもらうしかありません。

そして裁判になったときに離婚が認められる理由のことを「離婚原因」といい、民法では770条に、以下5つの離婚原因が規定されています。

1号 配偶者に不貞な行為があったとき

2号 配偶者から悪意で遺棄された時

3号 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき

4号 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき

5号 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

まずは1号について、不貞とは、いわゆる浮気で、配偶者以外の異性との肉体関係のことです。肉体関係がなく、たとえばメールやLINEのやりとり、食事やデートをしただけという場合では不貞行為とはみなされません。

ただし、肉体関係がなければ配偶者以外の異性とLINEやデートなど繰り返しても離婚原因にならないかといえばそうではなく、後で説明する5号の「婚姻を継続し難い重大な事由」になるケースもあるようです。

不貞行為があったと証明するためには、探偵などからの調査報告書や、不貞相手との不貞行為があったことがわかるメッセージのやりとり、不貞相手との写真などを証拠として示す必要があります。

次に5号ですが、「婚姻を継続し難い重大な事由」と少し幅広い解釈ができるように思えます。これは、裁判官に「婚姻が破綻していて、関係の回復・改善が今後見込めない状態」ということを認めてもらう必要があります。実際に5号に該当すると主張されるケースが多いのは、DV・別居・性格の不一致・モラハラ・宗教活動・セックスレスなどのようです。

この中で特に「婚姻が破綻している」と認められやすいのは、DVや「5年以上の別居」というケースで、それ以外のものは、それだけをもって婚姻関係が破綻しているとは認められにくい、認められない可能性がないわけではない、という程度のようです。

性格の不一致は法的な離婚原因か?

この記事を読んでくださっている方の中には、「性格・価値観の不一致」を理由に離婚を考えている、離婚の可能性を感じているという方もいらっしゃると思います。

私自身も「性格・価値観の不一致」を理由に離婚したいと思い、弁護士に相談をしましたが、その理由だけでは離婚は難しいと言われてしまいました。その理由としては、基本的に裁判で裁判官は、「この夫婦の婚姻関係は本当に破綻しているか、やり直せる可能性は本当にないのか」という観点で検討し、破綻している・やり直せる可能性はない、とジャッジした場合に離婚判決になります。

もともと赤の他人が夫婦となる以上、多少の性格・価値観の違いがあるのは大前提というのが裁判でのとらえられ方で、それだけを理由に「婚姻関係の破綻」と認められるケースは少ないそうです。

では、性格・価値観の不一致を理由に離婚をしたい場合はどうすればいいのでしょうか?

私が離婚をした際に4人の弁護士に相談した内容を踏まえ、性格・価値観の不一致を理由とした離婚を進めるときのポイントを以下のnoteにまとめましたので、よろしければ参考にしてみてください。(一部有料あり)

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です