【2018年最新版】仮想通貨おすすめ銘柄ランキング!将来性も解説

2018年版おすすめ仮想通貨銘柄

2017年は仮想通貨ブームとなり新たに仮想通貨投資を始めた方も多いと思います。僕もその一人です。

2018年に入っても仮想通貨ブームはますます加熱し、日々仮想通貨関連のテレビCMが流れていますよね。

そんな中、これから仮想通貨投資を始めようと思っている方も多いと思います。

が、

初心者がまず最初にぶち当たる壁が、

初心者
銘柄が多すぎて何に投資していいのかわからない・・・

というものだと思います。

2018年2月現在、仮想通貨の銘柄数は1500種類以上あるといわれており、

しかも新たなICO(イニシャル・コイン・オファリング)案件がどんどんスタートしたりと、

日々その銘柄数は増えていっています。もう選びきれません。

そこで今回の記事では、これから仮想通貨投資を始める人におすすめの仮想通貨銘柄をランキング形式でご紹介します!

おすすめ仮想通貨ランキング

1位)イーサリアム(ETH)

まずおすすめなのは何と言ってもアルトコインの王様イーサリアム(ETH)です。

 

イーサリアムは、分散型アプリケーション(dApps)スマートコントラクトを構築するためのプラットフォーム内で使用される通貨で、ビットコインの次に来るとも言われています。

簡単にいうと、スマホで使われているアプリがiOSやAndoroidといったプラットフォーム内で使われているように、イーサリアムがアプリケーション(dApps)のプラットフォームになっているということです。

現在ではそのプラットフォーム内で使われるアプリ(dApps)はそんなに多くないのですが、今後どんどんとdAppsが開発されることが予想されるので、イーサリアムやその通貨であるETHの価値が上がっていくことが予想されます。

今開発されているdAppsの一例としては、「イーサエモン」というものがあり、イーサリアムを使ったポケモンのようなもののようですw

イケハヤさんのブログでも紹介されています。

dAppsを触ろう!イーサエモンの始め方と攻略法を解説。 : まだ仮想通貨持ってないの?
dAppsは楽しいですよ〜!イーサエモンを始めよう。入門におすすめなのが「イーサエモン」。イーサリアムベースのポケモンですwこれなかなか面白いので、ブロックチェー...

イーサリアムのおすすめ購入方法

イーサリアムは、ビットフライヤーZaifなどの国内取引所で購入できますが、

おすすめの購入方法はZaifのコイン積立です。

Zaifでは、月々定額での積立投資ができるサービスがあります。

月1,000円からの積立が可能で、僕も月1万円をイーサリアムで積立ています。

積立投資のメリットは、

  1. リスクを分散して投資することができる
  2. 時間の節約ができる

ことだと思います。

1.リスクを分散して投資することができる

Zaifの積立投資では、月々の積立金額の中から1日ごとに定額の買い付けを自動で行ってくれます。

1日ごとに定額なので、仮にイーサリアムの価格が下がっている日はより多くの枚数を購入、反対に価格が上がっている日にはより少ない枚数を購入、というようにムダなく通貨を購入することができます。

このように定額で買い進めていく投資手法を「ドル・コスト平均法」といいます。

短期的にハイリスク・ハイリターンを望む人には向きませんが、

長期的により安定した収益を目指したい方にはおすすめの購入方法です。

>>Zaifで積立投資をはじめる(公式ページへ)

2.時間の節約ができる

積立投資は、自動で定額買い付けを行ってくれるので、自分でいちいちチャートを気にしながら売買する必要がありません。

特に、仕事をしながら仮想通貨取引をしている人は、常に仮想通貨の価格変動を追っている暇がありませんよね。

価格変動が気になって、休憩時間にトイレでチャートをチェックする、そして慌てて取引をする・・・

これって結構心身ともに消耗されます。僕もそうでした。

こういった状況にならないためにも、自動積立に任せてあとは放っておく、というほうが時間の節約になりますし精神的にも負担が軽くなると思いますよ。

>>Zaifで積立投資をはじめる(公式ページへ)

2位)リップル(XRP)

2位はリップル(XRP)です。リップルは2018年2月現在、ビットコイン、イーサリアムに次いで時価総額ランキング第3位の通貨です。

 

送金スピードが早い

リップルの特徴は、送金スピードが圧倒的に早いことです。この特徴を活かし、国際送金の変革を目指しているのがリップルです。

世界の金融機関との提携

実際に世界各国の金融機関がリップルとの提携を始めており、その注目度の高さが伺えます。

直近ではリップルがサウジアラビア中銀と提携したことも話題になっています。

リップルがサウジアラビア中銀と提携 xCurrent普及へ向け国内銀行支援
米リップル社は14日、サウジアラビア王国の中央銀行であるサウジアラビア通貨庁(SAMA)と協力して、同社のクロスボーダー決済に関する技術支援を同国の銀行に対...

リップルと提携を行っている銀行・企業は以下のサイトにまとまっているのでこちらもご覧ください!

Rippleを利用する銀行・企業 – Ripple総合まとめ
インターネット決済プロトコル『Ripple』に関する総合情報サイト。公式ドキュメントの日本語訳、リップルをめぐるフィンテック業界の動向などをお届けします。

リップル(XRP)のおすすめ購入方法

リップル(XRP)を購入できる国内販売所はGMOコイン DMMビットコインなどがありますが、

おすすめはbitbank(ビットバンク)です。

ビットバンクはXRPの指値取引ができる「取引所」になっているので、コインチェックなど他の「販売所」より手数料がかなり安く購入することができます。

これからXRPを購入しようと思っている方は、ビットバンクでの購入をおすすめします。

>>ビットバンクに登録する

3位)ビットコイン(BTC)

3位は仮想通貨の王様ビットコイン(BTC)です。

 

ビットコインは言うまでもなく仮想通貨ブームの火付け役で、現在でもすべての仮想通貨取引における基軸通貨としての役割を担っています。

ビットコイン以外のコイン(アルトコイン)はビットコインの価格変動に連動することが多く、2018年年初にビットコイン価格が暴落したものの、まだまだ基軸通貨としての存在感は大きいです。

ビットコインの価格は、仮想通貨市場の大きさに連動すると考えられるため、

今後ますます仮想通貨市場の拡大が予想される現在においては、とりあえずビットコインに投資しておくというのもありだと僕は思っています。

ただ他の銘柄同様、もちろん日々の値動きは激しいので、仕事の傍らで取引をされるかたは、

イーサリアム同様に、Zaifでの積立投資をおすすめします。

>>Zaifで積立投資をはじめる(公式ページへ)

4位)NEM(XEM)

4位はNEM(XEM)です。NEM(ネム)は2018年2月現在、時価総額ランキング12位となっており、まだまだ成長の余地が大きい銘柄です。

 

NEMはNew Economy Movementの略称で、新しい経済圏を作ることを目標にしているプロジェクトです。

特徴は、イーサリアム同様アプリケーションプラットフォームとしての機能を持っています。

また他の通貨と比較すると、

  • 処理速度が早い
  • 電力規制のリスクが少ない
  • 日本で人気が高くコミュニティ力が高い
  • まだ市場拡大の余地が大きい

といった特徴を持っています。

また、2018年1月にコインチェックからNEMが盗まれるという事件がありましたが、

これはNEMそのものの安全性という問題ではなく、コインチェック内での管理の不備が原因ということも判明しています。

この事件が逆にNEMの安全性の高さを明らかにするきっかけにもなりましたね。

NEMのおすすめ購入方法

NEMはZaifDMM Bitcoinなどで購入することができます。

ZaifではNEMの積立投資も可能ですので、繰り返しになりますが積立てでローリスク投資・時間節約をしたい方はおすすめです。

>>Zaifで積立投資をはじめる(公式ページへ)

5位)バイナンスコイン(BNB)

5位はバイナンスコイン(BNB)です。

 

バイナンスコイン(BNB)は、世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)内で使われている通貨です。

何と言ってもBinanceは世界最大の仮想通貨取引所で、そのユーザー数は700万人を超えています。

そんなBinanceですが、Binaceで取引を行っているユーザーはバイナンスコイン(BNB)を持っていると以下のメリットを享受することができます。

  • BNB建てで他通貨を購入することができる
  • BNBで手数料を支払うと半額になる
  • BNBを使って未上場銘柄の上場投票ができる

簡単に言うと、BNBを持っているとBinanceユーザーはお得なんです(笑)

つまり、今後Binanceユーザーが増えるほどにBNBの需要が高まりBNBの価値が上昇することが予想されます。

すでにBinanceは世界最大の取引所ですが、まだまだ世界的に仮想通貨取引人口が増えるはずなので、Binanceユーザーも増加が予想されます。

なので必然的にBNBの価格も上がるはずです。

バイナンスコイン(BNB)の購入方法

バイナンスコイン(BNB)は、その名の通りBinance内で使えるコインなので、

Binanceでしか購入することができません。まだ登録していないかたはこれを機に登録してみるのはいかがでしょうか?

>>Binance(バイナンス)の公式ページへ

詳しい購入方法は以下の記事にもまとめてあります。

【画像あり】Binance(バイナンス)の登録・入金方法を解説!

2018.01.13

6位)ネオ(NEO)

第6位はNEO(ネオ)です。

 

NEOは中国版イーサリアムと言われており、基本的にはイーサリアムと同じようにスマートコントラクトプラットフォームとしての機能を持っています。

スマートコントラクトプラットフォームの名前がNEO、プラットフォーム内の通貨の名前がNEOということです。

ちなみにイーサリアムの場合、プラットフォームの名前がイーサリアム、プラットフォーム内の通貨の名前がイーサ(Ether)ということになります。

イーサリアムとの違いは、

  • 中国版イーサリアムとして独自のポジショニングをとっている
  • プラグラマー向けの環境環境が豊富

ということです。

特に個人的には、中国版イーサリアムとして独自のポジションをとっているということが大きいと思っています。

中国は規制が多い国なので、アメリカなど海外で流行しているサービスが中国内で使われず、中国独自のサービスが発展するケースが多いと思いませんか?

アリババ、WeChat、Weiboなどがその例だと思います。

アマゾンではなくアリババ、MessangerではなくWeChat、TwitterではなくWeiboが中国内では使われています。

なので、世界中でイーサリアムやNEMが使われたとしても、

中国内ではNEOがスマートコントラクトプラットフォームになる

ということになってもまったく不思議ではないと思っています。

NEOのおすすめ購入方法

NEOは2018年2月現在では、国内の取引所では取り扱いがないため

海外の取引所でしか購入できません。

海外の取引所の中では、世界最大の取引所であるバイナンス(Binance)がおすすめです。

>>Binance(バイナンス)の公式ページへ

以上が僕が考えるおすすめ仮想通貨銘柄です。

割とすでに知名度が高いものが中心なので、さすがにこれらの価値がゼロになることはないと思いますが、

あくまでも投資判断は自己責任にてお願いいたします。

番外編)おすすめ草コイン

これまでご紹介したのは国内取引所や海外大手取引所の上場銘柄ですが、

さらにハイリスク・ハイリターンを目指したい!2倍なんて言わずに100倍を目指す!

という方に、僕が注目しているマイナーコイン(草コイン)をご紹介します。

草コインは本当に吹けば飛ぶような銘柄ですので、投資するなら余剰資金中の余剰での投資をおすすめします。

さすがに僕も少額しか投資していません。

Experience Points(XP)

まずはXPです。

 

これはゲーム市場を対象とした仮想通貨で、正式名称は「Experience Points」です。

RPGゲームで敵を倒していくと経験値を獲得できるように、その経験値をトークン化して売買できる、という世界観を目指しているようです。

まだまだ実用化されていないので本当に草コインなのですが、注目すべきポイントは、

コミュニティの力が強い

ことです!

XPホルダーがDiscordというチャットアプリを通じてコミュニケーションしているのですが、

常に5,000人くらいがオンラインになっていて、会話が盛り上がっています。

コミュニティ内では、仮想通貨に関する情報が共有されたり、

XPを大手取引所に上場させるための投票を呼びかけあったりしています。

このようにコミュニティ力が強い銘柄は魅力的ですよね。

XPはCoinExchangeという海外取引所で購入が可能です。

詳しい購入方法はイケハヤさんのブログをご覧ください。

【仮想通貨】「XP」のお得な購入方法・注意点まとめ! : まだ仮想通貨持ってないの?
「XP」という銘柄に注目しています!日本人コミュニティが盛り上がってる!仮想通貨の「XP」。これを知っている人はかなり情報感度高いですね!ゲーム市場を対象にした...

NAMコイン(NAM)

最後にご紹介するのが、NAMコインです。

NAMはまだどこの取引所にも上場していないコインで、いわゆるICOのフェーズにあるコインです。

NAMは、医療現場における課題をブロックチェーンとAI技術によって解決することを目標にしたプロジェクト内で使われるコインで、イーサリアムをベースにしています。

日本人で、慶応義塾大学医学部を卒業した若手起業家の中野氏が挑戦しているプロジェクトです。

NAMについては以下の記事で詳細をまとめているので、ご覧ください。

超ハイリスク・ハイリターンなので、あくまでも余剰資金で・・・

【医療系ICO】NAMコインの特徴と購入方法・買い方まとめ

2018.01.29

2018年4月追記

NAMのICOプレセールは2018年3月28日で終了しています。

今後、NAMを入手したい場合はNAMがどこかの取引所に上場するタイミングとなります。

現在上場予定などの詳細情報は入ってきていませんが、情報があり次第更新します!

いかがでしたでしょうか?

仮想通貨銘柄がいろいろありすぎてわからない!という方のご参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です