Binance(バイナンス)で仮想通貨投資|注目銘柄BNB

Sponsored Link

海外の仮想通貨取引所−バイナンス

ビットコイン(仮想通貨)への注目度がますます高まっていますが、

2018年1月11日現在、年末年始のアゲアゲムードも一段落した印象です。

ビットコイン(BTC)の値動きは170万円前後でうろうろといった様子。

ビットフライヤーコインチェックなどで取引されている主要銘柄の動きも落ち着いてきたので、

そろそろ他のコインへの投資を考えている人も多いのではないでしょうか?

僕もそのうちの1人なので、海外の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)の口座を開設してトレードを始めました!

Binance(バイナンス)の特徴

Binance(バイナンス)は中国の仮想通貨取引所です。

その特徴は、以下の3つだと僕は感じています。

  1. 取扱い銘柄が豊富(100種類以上)
  2. ボラティリティが高い
  3. 手数料が安い

取扱い銘柄が豊富!

Binance(バイナンス)はとにかく取扱い銘柄が豊富で、2018年1月現在で100種類以上のコインが扱われています。

ちなみに日本の取引所であるビットフライヤーコインチェックは10種類程度なので、その差は歴然です。

ボラティリティが高い!

取扱い銘柄が多いということは、まだ歴史の浅い新規上場コインも扱われているということです。

もともと価格のボラティティが高い仮想通貨ですが、

その中でも一層ボラティリティが高い銘柄もバイナンスでは取り扱われています。

上の画像はバイナンスで取り扱われている銘柄のごく一部ですが、前日比±50%とかざらです。

よりハイリスクハイリターンの取引をしたい方は面白いと思います。

Binance(バイナンス)の公式ページへ

バイナンスへの登録方法は以下の記事で解説しています!

【画像あり】Binance(バイナンス)の登録・入金方法を解説!

2018.01.13

注目銘柄「BNB」

僕が個人的に注目している銘柄は、

BNB(Binance Coin)です。

これは名前の通り、バイナンスのみで取り扱われている通貨です。

バイナンスでは、BNB建てで他の通貨を購入することができますし、

その上取引手数料をBNBで支払うと、手数料は通常の半額になります。

このように、バイナンス内での基軸通貨的な役割を果たしているBNBなので、

今後バイナンス全体での取引量が増えるほど、その需要は高まっていくのではないかと予想しています。

ご存知の方も多いと思いますが、バイナンスでは2018年1月に新規登録希望者が増えすぎて、一時新規登録をストップしていたほどでした。

これほど参入人数が増えていると考えられるバイナンスなので、その基軸通貨であるBNBの価値も上がってくるのではないでしょうか?

Binance(バイナンス)の公式ページへ

※もちろんポジショントーク込みです。投資は自己判断でお願いします。

ビットフライヤーコインチェック銘柄に飽きてきた方は、バイナンスでのトレードも面白いかもしれません。

かなりハイリスクですけどね・・・

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です