【初心者サラリーマンのための!】ビットコイン(仮想通貨)の始め方

Sponsored Link

本記事からの仮想通貨取引所アクセスランキング

  1. ビットフライヤー
  2. コインチェック
  3. GMOコイン

加熱する仮想通貨市場!2018年もまだまだ伸びる?

ビットコイン(仮想通貨)の爆発的な値上がりが話題になった2017年。

2017年夏ころに1ビットコイン30万円を超えたかと思いきや、あれよと言う間に200万円を突破。

ビットコインが発行された初期から保有していた人にとっては、価値が何万倍にもなったことになり、「億り人」なんて呼ばれるビットコイン長者も出てきました。

僕も遅ればせながら2017年12月から仮想通貨取引を始めてみました。

どこにでもいる普通のサラリーマンなのですが、その一般人目線から

  • サラリーマン(や主婦の方)にとっての仮想通貨取引の魅力
  • 仮想通貨取引の始め方

についてご紹介してみようと思います。

サラリーマンにとっての仮想通貨取引の魅力

始めにお断りですが、仮想通貨市場はまだまだ未成熟でリスクはつきものです。

この記事はむやみに仮想通貨取引を勧めるものではありません

投資のご判断はご自身でお願いいたします。

少額の仮想通貨投資で夢が見れる

仮想通貨取引の魅力について、何と言っても

少額の投資で夢がみれる!

ということだと思っています。

冒頭で「億り人」が生まれていることについて触れましたが、

投資した金額が数十倍、数百倍になる前例があり、まだまだそのチャンスはあるはずです。

一方で当然リスクはあります。ビットコイン(仮想通貨)は今ある一般的な投資対象としては最もハイリスクハイリターンの部類に入るのは間違いありません。

ただ、小さい金額の投資で大きなリターンの夢を見れるのが仮想通貨投資の(現時点の)魅力です。

繰り返しますが、僕は普通のサラリーマンなので、一般的な投資(株式、投資信託、FXなど)に回せるほどの蓄えはありませんw

今回始めた仮想通貨取引は、12月のボーナスの一部で、「最悪なくなってもいいや」程度のお金を使って始めることにしました。

実際にどれくらいリターンがあるのか?

仮想通貨取引を始めたのが12月半ば、そしてこの記事を書いているのが12月末なので、取引した期間は2週間程度です。

で、その2週間での運用成績は、自分でも驚く(というか怖い)ことに、すでに資産が1.5倍になっています。

(もちろん、そもそも投下した金額がなけなしのボーナスの一部なので1.5倍と言っても端た金w)

これだけで仮想通貨以外の投資手法と比べるとびっくりするくらいのリターンです。

2018年以降もこのまま上昇が続くのかは誰にもわかりませんが、

まだまだチャンスはあると個人的には思っています。(希望的観測含めて)

ビットコイン(仮想通貨)取引の始め方

ビットコイン(仮想通貨)取引をこれから始める方へ、簡単に始め方をご紹介します。

初めにお伝えすると、とても簡単でした。

僕はこれまで株式やFX投資などの経験すらなかったのですが、

それでもなんら苦労することなく口座開設から取引開始までたどり着けました。

まずは仮想通貨販売(・取引)所の口座を開設する

まずはビットコイン(仮想通貨)を買うために、仮想通貨の販売・取引を行っている取引所で口座を開設する必要があります。

初心者の方におすすめなのは、国内の取引所で大手の

です。実際に僕もこの2つを使って取引をしています。

他にも取引所は国内だけでなく海外のものもあるのですが、

まずは僕が実際に使ってみて初心者にとって使い勝手がよかった上の2つをおすすめしています。

ビットフライヤーとコインチェックの違い

色々な取引所がある中で、初心者にとってそれぞれの違いは大きく以下の3つのポイントだと思います。

  • 扱われている仮想通貨の種類
  • 取引手数料(スプレッド)
  • アプリやWEB画面の使いやすさ

ビットフライヤーの特徴

まずビットフライヤーの特徴についてです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーの特徴は、取引量やユーザー数が多い(No.1らしい)ことです。

別の記事で紹介しますが、取引量・ユーザー数が多いほうが取引所でのトレードがしやすいのです。

また、アプリやWEB画面のUI(使いやすさ)がとても良く個人的にはここが気に入っています。

一方で、取引手数料(スプレッド)は他の取引所と比べるとやや高めとなっています。

 

コインチェックの特徴

次にコインチェックの特徴についてです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

(最近、出川哲朗さんがCMに登場していて話題になっていますね。)

コインチェックは、取引できる仮想通貨の種類が(ビットフライヤーに比べて)多いのが魅力です!

仮想通貨=ビットコインと思っている方も多いかもしれません(僕もそうでした)が、

ビットコインは仮想通貨の中の1つの種類の名称(法定通貨で言うと「ドル」みたいなもの)で、ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインと呼ばれています。

コインチェックでは、ビットコインの他に取引できるアルトコインの種類が多く、2017年末現在で13種類です。

(とはいえ、世界には1,000種類以上の仮想通貨があると言われてます。もっとマイナーなコインが欲しい!という方はBinanceなど海外の取引所もあります。ただ初心者にはあまりおすすめしません。

まだ仮想通貨取引を始めたばかりの初心者はあまり多くの通貨を買うのではなく、いわゆる主要通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュなど)から始めるのが良いかと思います。)

仮想通貨取引に慣れてきたら、ビットフライヤーコインチェック以外の取引所もチャレンジしてみるとよいかもしれません。

取引所からの本人確認完了後、口座に入金

取引所に口座を開設すると、ビットフライヤーやコインチェックなどの取引所から本人確認が求められます。

運転免許証をお持ちの方は特にとても簡単で、免許証の写真をスマホでパシャりと撮って、

取引所にアップロードすればOK。

あとは登録した自宅住所に取引所からのハガキが送られてくるので、

それを受け取りめでたく本人確認の完了、取引開始が可能となります!

いかがでしょうか?とても簡単ですよね。

サラリーマンがビットコイン取引をする上での注意点

ビットコイン(仮想通貨)取引によって少額で夢が見れるというお話をしましたが、

繰り返しになりますが、当然ハイリスクを背負った上でのお話です。

僕たちサラリーマンには別に本業がありますが、

仮想通貨取引の世界には、仮想通貨取引などのディールを本業としている猛者たち(機関投資家)もいます。

まともに戦ったら勝ち目はありませんw

なので、「最悪なくなっても良い程度」のお金で夢を買いましょう。

ビットコインばっかり気になって本業がおろそかになってしまうことが最も注意すべきリスクだと思います。(僕もなりかけました)

ボーナスのいくらかを突っ込んで、あとはしばらく放置くらいの心構えでいるのがいいと思います。

なので、「最悪なくなっても良い程度」のお金で夢を買いましょう。大事なことなので3回言いました!

それでは、2018年も仮想通貨の続伸を願いつつ、良いお年を〜!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

外資系製薬会社MR→コンサルティングファーム→ネット系企業の経営企画で働く30代。AI時代の生き方・キャリア観について日々あれこれ妄想しています。