第二新卒の転職におすすめ!「MIIDAS(ミイダス)」で市場価値を知る

Sponsored Link

新卒入社で働いてみたけど

学生時代、就職活動でいろいろな企業のホームページを見て、説明会に行き、エントリーシートを書いて面接を受け・・・やっとの思いで入社した会社だったけど、2-3年働いてみて「何か違うな」と思い転職活動を考えているという方も多いのではないでしょうか?

筆者もその1人でした。新卒入社から3年目あたりで「何か違うな」という思いが強くなり、転職を決意しました。

動くなら「第二新卒」のうちに

今の会社はなんか違うな、やっぱり他の仕事がしてみたいな、と思っていて転職を考えている場合、動き出すのは早い方がいいと思います。

なぜなら3年目くらいまでなら「第二新卒」の枠で中途入社できる企業が多いからです。

「第二新卒」について、明確に何年目まで、という定義は会社によって異なります。「社会人5年目まで」とか「28歳まで」など、社会人歴や年齢で区切られていたりします。

ただ各企業共通しているのは、「第二新卒」は”ポテンシャル採用”であるということです。

前職での実績ベースではなく、今後の可能性を見て採用されるのです。つまり、今あなたが「できること」ベースではなく、将来「やりたいこと、できそうなこと」をベースに採用されるのがポテンシャル採用です。

そのため、今の仕事は「何か違う」と感じ、「違う仕事をやってみたい」と思うのであれば、この「第二新卒枠」を狙わない手はないと思います。

ただ上述の通り、「第二新卒」枠には年齢や社会人歴制限があるのが通常なので、動き出すなら早い方がいいと思います。

第二新卒におすすめの転職サービス「MIIDAS」

第二新卒(社会人歴5年目まで、28歳くらいまで)の方が転職活動をする際におすすめのサービスが「MIIDAS(ミーダス)」です。

転職アプリ・サイトなら【MIIDAS】無料会員登録

MIIDASは、DODA(デューダ)などのサービスを展開しているパーソルキャリア社が提供しているサービスで、特徴は以下の通りです。

  • 質問に答えるだけで「自分の市場価値がわかる
  • スマホだけで手軽に転職活動が可能
  • ベンチャーから上場企業まで幅広い求人

MIIDASで自分の市場価値がわかる

上記の中でも一番の特徴は、何といっても「自分の市場価値がわかる」というところにあります。

上記のように、これまでのあなたの職務経歴を入力するだけで、あなたに届く企業からの「オファーの想定金額」を算出してくれるのです。

第二新卒の転職の場合、多くの方が初めての転職活動となるため、なかなか自分の市場価値がどれくらいかがわかりづらいですよね。

そんな時、MIIDASを利用することで今自分の市場価値がどれくらいなのか、という目安を持ちながら転職活動を進められるため、あなたに届くオファー金額が高いのか低いのかを判断しやすくなります。

スマホだけで手軽に転職活動ができる

MIIDASの特徴は、スマホで手軽に転職活動ができるようにデザインされているところです。

通常の転職サイトでは、職務経歴書や自己PR文の入力が求められ、登録までに時間がかかるケースが多いのですが、

MIIDASの場合は、あなたのプロフィール登録がほぼ選択式の項目で完結するため、スマホでサクサク進められます。

スマホから5分程度で、自分のプロフィール登録や企業への経歴後悔、市場価値予測ができるのがとても効率的なので個人的にも気に入っているポイントです。

また、MIIDAS上で企業から送られてくるオファーはすべて書類選考通過済みのものなので、すぐに面接へと進むことができ、この点でも効率的に転職活動が進められます。

ベンチャーから上場企業まで幅広い求人

MIIDAS上で求人を掲載している企業は、優良ベンチャーから上場企業まで幅広いため、多くの選択肢の中から比較検討することができます。

(MIIDASホームページより)

MIIDASを利用してみた時、その手軽さゆえに「もしかしたらいい企業の求人はないのでは?」と個人的には疑っていたりもしましたが、実際には多くの優良企業の求人があるのでその点は大丈夫でした。

現職を続けながら転職活動する人におすすめ

上記のようにMIIDASは、自分の市場価値を知ることができる上、スマホで手軽に優良企業からのオファーを受け取ることができるため、今の職場での仕事を続けながら転職活動をする第二新卒の方におすすめです。

今の会社での仕事が「何か違う」と感じている方は、まずはMIIDASでご自身の市場価値を測ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

外資系製薬会社MR→コンサルティングファーム→ネット系企業の経営企画で働く30代。AI時代の生き方・キャリア観について日々あれこれ妄想しています。