目黒周辺のおすすめラーメン「風は南から」@武蔵小山

Sponsored Link

今回のランチは、たまたま近くに来ていたので武蔵小山駅周辺でラーメンを食べることにしました。

武蔵小山と言えば、日本でも有数の長さと活気を誇る商店街(パルム商店街)や焼き鳥やもつ焼き屋などの小ぢんまりとした居酒屋が多いイメージですが、意外とラーメン屋さんも多いのです!

そんな中、今日は醤油ラーメンが食べたかったので調べてみたところ評価が高かった「風は南から」さんへ行ってきました。なかなかインパクトのあるお店の名前ですよね。

外観は町にある老舗のラーメン屋さんといった感じで趣があります。駅前の大通りに面しているので場所はわかりやすいと思います。

お店のメニューは、

  • 醤油(中太麺)
  • 背脂醤油(太麺)
  • 塩(中太麺)

となっていて、「得醤油ラーメン」が看板メニューのようです。でもどれも美味しそう。

その中で僕は今回、「醤油ワンタンメン」をいただくことにしました。中華料理屋ではワンタンメンはありますが、ラーメン屋でワンタンメンはそういえばあまり見かけないなと思ったので、試しに注文してみることにしました。

待つこと10分、お待ちかねのワンタンメンが登場です!

色の濃い醤油スープとプリプリに光るワンタンが食欲をそそります。これは期待ができる。

まずはスープを一口。濃口醤油に動物・魚介系のスープが合わさり、ガツっとパンチの効いた味わいになっています。それと同時に、昔ながらの中華料理屋で食べる中華そばのような懐かしい素朴な味わいもあり、パンチと素朴さがうまく融合したスープでした。

そして、お次は麺をいただきます。

麺は中太のちぢれ麺。粘度が低い醤油スープをうまく絡め取ります。ガツっとしたスープに中太の麺はとても食べ応えがあります。

そして、いざ気になるワンタンへ。

ツルッツルの皮は口当たりがとてもよく、スープを吸ってとても美味しくなっています。そしてその皮の中にはプリプリのエビ入りの餡が。スープの旨味とプリプリのエビの食感がなんとも言えないコラボレーションをしていて、飲み込むのがもったいないと感じさせるほどでした。これは美味しい!

正直に言うと、武蔵小山はあまりラーメンが有名な街ではないので期待値は低かったのですが、期待を大きく超えてくれるラーメンでした。これはリピート間違いないです。

ガツっと系の醤油ラーメンが食べたい気分の方にはオススメです!

というわけで、思いがけず素敵なラーメンに出会えたランチ@武蔵小山でした。ごちそうさまでした。

Sponsored Link

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

外資系製薬会社MR→コンサルティングファーム→ネット系企業の経営企画で働く30代。AI時代の生き方・キャリア観について日々あれこれ妄想しています。