働き方改革って言われているけど早く帰って何をする?

Sponsored Link

働き方改革って?

 

ここ最近、「働き方改革」という言葉をテレビやニュースでよく耳にします。

働き方改革ってなんやねん、と改めて思ったので調べてみたところ、首相官邸ホームページに以下の文言で説明されていました。

 

働き方改革は、一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ。多様な働き方を可能とするとともに、中間層の厚みを増しつつ、格差の固定化を回避し、成長と分配の好循環を実現するため、働く人の立場・視点で取り組んでいきます。

 

わからん。何で役人が考えた(たぶん)文章ってこうも難しいんでしょう。

先日、「働き方改革」の実行計画が公表されたので覗いてみると、大枠こんな内容のようです。

 

  • 同一労働同一賃金など非正規雇用の処遇改善
  • 賃金引上げと労働生産性向上
  • 罰則付き時間外労働の上限規制の導入など長時間労働の是正
  • 柔軟な働き方がしやすい環境整備
  • 女性・若者の人材育成など活躍しやすい環境整備
  • 子育て・介護等と仕事の両立、障害者の就労

 

いろいろあって難しい…。ので筆者なりに端的に解釈すると、

あまり待遇良くない人の給料を上げて、みんなの働く時間を短くしたりリモートワークして、ワークライフバランスを取れるようにしよう!

 

という内容のものだと勝手に思っています。(笑)

 

この中で、筆者が個人的に影響を受けそうな事項について考えると、「長時間労働の是正」の部分かなと思っています。

 

長時間労働の是正について

日本人は総じて働きすぎだ、と言われ続けてきましたが、特にここ最近では電通事件などもあり、長時間労働をなくそうという流れは加速しているように思います。

働き方改革実行計画においては、月の時間外労働時間は100時間未満まで、それに違反すると罰則が科されるということまで策定されています。

筆者の肌感覚としても、所属している会社では残業時間抑制の圧力はどんどん強まっており、社内のムードも早く帰ろう、というものになっています。

どうすれば残業が減るか、みたいなHow toについてはいろんな記事や書籍があるので割愛をしますが、今回のように残業時間の上限が設けられることでかなり程度残事業時間は減ると筆者は考えています。(それだけ今の日本の会社は無駄な残業をしているということですが)

そう、つまりはこれから先どんどんみんなが早く家に帰れる時代に移っていくのです。

 

早く帰って何をするか?

じゃあ、早く帰れるようになったら何をするのでしょうか?

自分の趣味、家族や友達との時間、自己投資の時間に充てたりと、さまざま時間の使い方はあると思います。

 

ただ、早く帰れたからと家でごろごろテレビを見たり、同僚と愚痴りながら飲みに行ったりという時間を増やしたところで、何のための働き方改革なんだろうと個人的には感じてしまうのです。それでいい人はそれでいいんでしょうけど。

 

個人的には、空いた時間を有効活用し副業をしたり、別の事業のための情報収集などをしようと考えています。そのあたりの詳細はまた別記事で。

 

今回の記事はほぼ独り言なのですが、言いたかったのは

 

せっかく自分の時間が増えるんだから有効活用の仕方を考えようぜ

 

ということです。ここは個人レベルでできることなので自分のキャリアなども含めて是非考えるべきかと。

 

働き方は変わったけど人生そんなに変わらない、ということにならないように。

Sponsored Link

 

今回はこんなところで失礼します。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です