情報収集の効率を上げる!おすすめ転職サイトの選び方・使い方

転職する決意が固まり、まずは動き出してみよう!という中で、

「どの転職サイト・転職サポートサービスを使ったらいいのかわからない」

という方も多いとおもいます。

 

そこで、筆者の利用経験などをもとにおすすめの転職サイトなどを紹介します。

転職サイトざっくりグルーピング

転職サイトも最近様々なサービスが出てきて、それぞれどんな特徴なのか、どれを選ぶべきか悩みますよね。

筆者が使ったことのある転職サイト・サービスの中からおすすめを、ざっくりその特徴ごとにグルーピングしてみました。

 

 

⒈転職活動の初めに!”オールマイティ”サービス

【特徴・メリット】

  • 求人掲載数が圧倒的に多い
  • 業界/業種、ポジションも幅広い
  • 第二新卒〜マネジメントクラスをカバーしている

 

【デメリット】

・情報が多すぎて、自分の目的にあった求人が探しづらい場合がある

 

このグループは、転職活動を始めたばかりの方が、まずはどんな求人があるのか、ということを検索するのに適していると思います。

 

代表的なサービスとして

 

などがあります。

 

⒉キャリアアップを狙う!” ハイクラス向け”サービス

【特徴・メリット】

・高年収ポジンションの求人が多い

・IT・ネットなどの成長業界や、コンサルなどの求人も多い

・エグゼクティブクラスの案件もある

 

【デメリット】

・求められているスキル・経験のレベルが高いため、自信がない方はあまり適さないかも

・利用するのに料金がかかるサービスもある(ビズリーチなど)

 

このグループは、ハイクラス転職を目指す方に適しているサービスだと思います。「もっと年収を上げたい!」「海外で働きたい!」「レベルの高い仕事に挑戦してみたい!」と考えている人は使ってみてください。

代表的なサービスとして、

 

⒊スマホで手軽に!”レコメンド・スカウト型”サービス

 

【特徴・メリット】

・スマホアプリで手軽に利用できる

・人工知能によるレコメンドや企業からのスカウトがあり、自分で求人を検索する手間が比較的かるい

・〜ミドルクラスまでの求人が多い印象

 

【デメリット】

・他のサービスと比較すると、求人掲載数があまり多くない印象

 

このグループはスマホを使い転職活動が行え、また利用登録に必要な情報があまり多くないので、まずは気軽に・いつでもどこでも、と考えている方にはおすすめのサービスです。

 

代表的なものは、

 4.目指す業界に特化!”専門特化型”グループ

【特徴・メリット】

・1つの業界に特化しており、その業界に関する情報は他のサービスより多い・深い

・〜エグゼクティブクラスの案件まであり、ポジンションの幅が広い

 

【デメリット】

・1つの業界に特化しているため、行きたい業界が定まっていない人には向いていない

 

このグループは、特定の業界の情報のみを扱っているため、すでに行きたい業界が決まっている人にとっては、欲しい情報が得られやすい。行きたい業界が決まったら、まずはその業界専門の転職サービスがないか検索してみるのもおすすめです。

 

本記事では、筆者が利用したことのあるサービスとしてコンサル業界専門のサービスを紹介します。

 

まとめ

どの転職サービスを利用するかは、ご自身の転職活動のステージに応じて選んでみるのがいいのではないでしょうか。

始めたばかりの人は、まずはグループ1から始め、行きたい業界が定まってきたらグループ4を使いながらさらに情報を深めていく、、みたいな使い方ができると、より効率良い情報収集ができると思います。実際に筆者もそのようにサービスを使い分けていました。

 

みなさまの情報収集の効率化のお役に立てれば嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です