転職面接で必ず聞かれる「転職理由」!印象良い答え方は?

Sponsored Link

中途採用面接において、面接官から必ず聞かれることの一つとして

「転職理由」があります。

「なぜ転職しようと考えているのですか?」ということです。

人によって転職を考える理由は様々かと思いますが、どのように答えればより面接官からの印象が良いか、筆者なりの経験をもとに考えてみます。

この回答は避けるべき!NG例

人それぞれ面接転職の理由はあると思いますが、それを正直に答えすぎるのはあまりオススメしません。もちろん嘘をつけ、ということではないのですが、例えば以下のようなことを、メインの転職理由として正直に答えるのはちょっとどうかなぁと思ってしまいます。

 

・今の仕事がやりたいことではないから

・上司や同僚など周りの人とうまくいかなかったから

 

いかがでしょうか?上記のよう理由を伝えてしまうとネガティブな印象にになりませんか?

 

転職理由を聞く面接官の心理

そもそもなぜ面接官が転職理由を聞くかと考えると、求職者(あなた)のキャリア観を知りたいからです。さらにそのキャリア観が、新しい会社にフィットしているか、ということを確かめたいのです。

具体的には、以下の三点を特に気にしていると考えられます。

 1. あなたがキャリアを歩んでいく上で何を大切に考えているか

あなたが転職活動をしているということは、当然にキャリアについて少なからず見通しがあるはずです。それが今の仕事(前職)では満たされないのか、それは何故なのか、新しい仕事でならそれが満たされるのか。面接官は、それらを踏まえて新しい企業にフィットするかを検討したいのです。

2. 転職先で新しい仕事に積極的に取り組めるか

転職する、つまり今いる会社を辞めるということは、日本ではまだまだ普通のことまでは言えないと思います。そんな中会社を辞めて転職をするというのは、少なからず「今の仕事が嫌になっただけなのではないか」「仕事を中途半端にするのではないか」という先入観を持たれるケースも正直あると思っています。

面接官はそれを確かめるためにも転職理由を聞くので、新しい仕事でも積極的に取り組むことを強調し、その先入観を払拭できる理由を伝えなくてはなりません。

 3. すぐに辞めてしまわないか

これは分かりやすいかと思いますが、やはり「会社を辞めてしまう人」と面接官からはどうしても思われてしまい、転職してもすぐに辞めてしまうのでは?と不安に感じてしまいます。

 

好印象を与えられる転職理由のフレームワーク

では、どんな転職理由を伝えると面接官に良い印象を与えられるでしょうか。

 あなたがキャリアを真剣に考えており、その結果この会社の面接に来ていること、かつ新しい仕事を積極的にやれる人だと面接官に印象付けるには、

「ありたい姿×ギャップ」のフレームワークで話をするのが良いと筆者は考えています。

Sponsored Link

「ありたい姿×ギャップ」フレームワーク

このフレームワークでは以下の流れで転職理由を考え伝えていきます。

1. 現在地の(今やっている仕事)たな卸

  • 今あなたが行っている仕事の内容
  • その仕事を通じて何を得たか等

2. ありたい姿の定義

  • 自分は将来(1年後・3年後・5年後など)どうなっていたいか
  • そのためにはどんなスキルや経験を身につける必要があると考えている

3. 1と2のギャップは何か

  • ありたい姿に向けて、今の会社では実現できないコトはなにか
  • そのギャップを埋めるために必要なコト、それが今回の転職につながっていること

このように、まずは現在地とありたい姿を示した上で、そのギャップを埋めるために必要なコト、ギャップを埋めるためには今回の転職が良い手段である、という整理をした上で面接官に伝えると、

あなたがキャリアを考える上で大切にしていることを理解してもらえ、前向きな転職理由なので入社後も積極的に仕事に取り組んでくれる、という印象を持ってもらえると思っています。

いかがでしたでしょうか?面接の準備をしている方は、この「ありたい姿×ギャップ」フレームワークを使って、話す内容を整理してみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です