失敗したくない!転職エージェントの選び方・付き合い方

Sponsored Link

転職活動を行う際、心強いサポートをしてくれるのが「転職エージェント」です。

転職エージェントとは、転職活動に必要な様々なことを、求職者(あなた)に代わり行ってくれる人のことです。具体的には以下のことを主に行ってくれます。

  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接のセッティング・スケジュール調整
  • 給与交渉

 

上記を行ってくれるので、エージェントを使わない場合に比べかなりの手間が省け、効率的に転職活動を行う事ができます。しかも、求職者側からエージェントに払うお金はゼロです。無料でサポートしてくれるのです。なぜ無料なのか、その仕組み(ビジネスモデル)は後ほど説明しますが、そのビジネスモデルを理解しておかないとエージェントと上手に付き合う事ができなくなるため注意が必要です。

 

転職エージェントのビジネスモデル

では、転職エージェントのビジネスモデルについて紹介します。

簡単に言うと、

  • 求職者を企業に推薦
  • その推薦した求職者が企業に採用・入社
  • エージェントは企業から手数料として報酬をもらう
  • その報酬は、企業が採用した求職者の年収の20−30%くらいが相場

となっています。

 

つまり、エージェントは求職者にボランティアで転職サポートをしているわけではなく、しっかり経歴書の添削や面接の練習をして求職者を内定に導かないと、企業から報酬を貰えない(=売上があがらない)ということなのです。

この点を理解しておかないと、良いエージェント・悪いエージェントを見極められなくなります。

 

良いエージェント・悪いエージェント

転職エージェントは、前述のビジネスモデルで成り立っているため、当然、自分の目の前にいる求職者をなんとか企業に採用してもらいたいと考えます。

転職活動が進み内定が出始めると、内定を受諾するか否かの意思決定を迫られます。

悪いエージェントとは

悪いエージェントは、

  • 他に選考の結果待ちの会社が残っていても、最初に内定が出た企業に入社するよう執拗に迫ってくる
  • 複数の会社から同じタイミングで内定が出た場合、想定年収が高い企業への入社を薦めてくる(求職者のやりたい事などは度外視して)

 

ということを平気で行ってきます。実際に筆者は、ある会社から内定が出たタイミングで、他の選考待ちの会社が残っていたのに、エージェントやそのエージェントの上司(会った事ない)、内定が出た会社の営業担当(会った事ない)から電話がかかってきて、その会社に入る事を薦められました。某大手転職エージェント会社です(笑)。エージェントもサラリーマンであることが多いので、当然ノルマなどがあるため、このような行動も仕方ないのですが。

 

良いエージェントとは

良いエージェントは、上記のような状況でも無理に入社を薦めてきません。求職者のやりたい事、家庭の状況、今後スキルアップなどを踏まえて、時には入社を止められることもありました。

求職者を入社させないと売上が上がらない中で、求職者のことを考えて入社を思い止めさせることができるのは、プロフェッショナリズムを持った良いエージェントだと筆者は考えています。そのエージェントの方とは、転職が決まったあともお付き合いが続いています。

 

時には入社を思い止めさせてくれるエージェントか、という視点でみると良いエージェント/悪いエージェントを見極めやすくなると思います。そのためにはより多くのエージェントと話してみるのがいいのではないでしょうか。ちなみに筆者は通算20−30人くらいのエージェントさんとお話ししました。

 

転職エージェントは使った方がいいのか?

いろいろ書きましたが、結論、転職活動をする際には転職エージェントを使った方がいいと思います。情報収集やスケジューリングが効率よく行え、内定を勝ち取る確率が上がると思います。ただその際は、前述の「良いエージェント/悪いエージェント」を見極めながらお付き合いするエージェントを決めてみてください。

 

「どの転職エージェント」を使えばいいか、については別記事でご紹介したいと思います。

Sponsored Link

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です